カジェタン(枢機卿(1469-1534)

最も影響力のあるルネサンスのトマス主義者であるカジェタン(Tommaso de Vio)は、イタリアで学び教え、哲学者や神学者としての教育、論評、議論において早期に区別した。 ドミニコ会の指導者となり、教会政治において顕著になった彼は、1517年に枢機卿に任命された。 1518年から1519年にかけて、マルティン-ルターと対立した。

カジェタンの作品は百タイトル以上になります。 彼の後の執筆は、主に聖書の解釈に専念していました; トマス主義哲学と神学への彼の主な貢献は、彼の以前の注釈と論文によるものであり、特に聖トマス-アクィナスの”De Ente et Essentia”(存在と本質について、1495年)、彼の論文”De Nominum Analogia”(名前のアナロジーについて、1498年)、およびアクィナスの”Summa Theologiae”(1507年-1522年)に関する彼の手ごわい解説は、アクィナスの作品のpontifical(Leonine)版で印刷されている。 その他の重要な哲学的著作には、ポルフィリのイサゴゲとアリストテレスのカテゴリーに関する注釈、事後分析、デ-アニマ、物理学、形而上学(これらの最後の二つは出版されていない)、経済学に関する論文などがある。

De Ente et Essentiaの解説は、アクィナスの形而上学の洗練された防衛であり、問題形式で緩く整理され、存在が認知の最初の目的であり、物質が個性化の原則であり、本質と存在が生き物において本当に異なっているというThomistic論文を明確にする(とりわけ)。 言語に敏感に関心を持っているこの作品は、カテゴリーの解説とともに、Cajetanの現実主義的意味論の重要な情報源でもあります。

De Nominum Analogiaは、類推的意味の三重の分類と階層を教えています。 不平等の類推は形而上学者の視点からの類推としてのみカウントされます;論理的には、それは一元化の一形態です(体は同じように前提とされていますが、植物と石では異なって実現されています)。 帰属の類推はアリストテレスの長所である。; 主に一つのことを命名する用語は、健康な分母として、最初のものとの関係のおかげで他の人に拡張されます動物(本質的に、健康の主題として)と薬(外 比例性の類推は、関係ではなく、関係の類似性に基づいています(体の眼の視力は魂の知的視力に比例するため)。 適切で、単に比喩的ではないとき、ここでの宗派は常に本質的です。 Cajetanはこれを最も本物の形、univocationとequivocationの間の真の平均とみなし、彼の論文の大部分は比例的に類似した概念の(抽象化、判断、推論のための)含意を探求しています。

カジェタンの著作は、ルネッサンス-トミズムの論争的文脈によって形作られている。 人文主義者(1495年に議論したジョヴァンニ-ピコ-デッラ-ミランドラ伯爵など)、イタリアのアヴェロ主義者、特にScotists(最も重要なAnthony Trombetta、パドヴァでの彼の同時代であり、De Ente解説の主要な弁証法的目標)の反対に対処することを懸念して、Cajetanは単にアクィナスからの式を繰り返すのではなく、時には斬新な用語でThomisticのアイデアを再解釈する。 これにもかかわらず、特定の点でアクィナスからの明らかな出発にもかかわらず(例えば、魂の不滅が実証可能であるかどうか)、Cajetanは長い間、アクィナスの決定的に権威のある博覧会とみなされていました。 20世紀のトマス主義の復活が、歴史的なアクィナスと長年の学術的伝統を区別し、カジェタンとアクィナスの違いを強調したとき、エティエンヌ・ギルソンらは、特に抽象化と存在の話題について、カジェタンを批判した。 類推について、いくつかの学者は、カヘタンの包括的で体系的な理論の要素、特に外因性対内在的な宗派の議論、比例性の好み、および三重の分類自体が、アクィナスのむしろ分散した時折の主題に関する反射から保証されているかどうかに挑戦した。 Cajetanの明確な哲学的語彙が彼のマスターの心からの出発であるか、または介在する世紀の革新に照らして本物のThomismの正当な発展であるかどうかは、疑問のままであるが、彼の心の力強さは決して疑われていない。

アリストテレス;ヒューマニズム;Thomas Aquinas,St.;Thomismも参照してください。

参考文献

cajetanによる作品

名前の類推、そして存在の概念。 エドワード-A-ブッシンスキとヘンリー-J-コーレンによって翻訳された。 ペンシルベニア州ピッツバーグ:デュケイン大学出版社、1953。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。