カテーテル関連血流感染の危険因子:ブラジルの集中治療室における前向き多施設研究

元の記事

カテーテル関連血流感染の危険因子:ブラジルの集中medeirosiv

imsc;看護師,病院サンパウロ,universidade federal de são paulo(unifesp),sp,ブラジル
iiphd; Nurse,Hospital São Paulo,UNIFESP,SP,Brazil
IIIPost-drate In Health Sciences,Infectology,Hospital São Paulo,UNIFESP,SP,Brazil
Iv Professor,PhD,Infectious Diseases Department,UNIFESP,SP,Brazil

ABSTRACT

INTRODUCTION:中心静脈カテーテル(CVC)は、健康において非常に重要なデバイスです気をつけて カテーテルの使用から得られる利点は血流の伝染(BSI)が使用に起因するかもしれない複雑化を上回る。 その重要性にもかかわらず、いくつかの国の研究は、この問題に対処しています。
目的:この研究の目的は、ICUに入院しているCVC患者におけるBSIの発生率と、この合併症に関連する変数を決定することでした。
方法:サンパウロ連邦大学複合施設の三つの病院のICUsで実施された多中心コホート研究。
結果:118カテーテル日にBSIの症例が11.546例観察された:10.22カテーテル日あたり1,000BSI。 平均して、BSIは7日間の追加入院に関連していました(p<0。001)、カテーテルの種類の間に有意な差がある。 挿入場所については,BSI率に統計的差はなかった。
結論:カテーテルを13日以上使用する患者は、カテーテルを13日未満使用する患者と比較して、約三倍の感染の進行性リスクを示すと結論した(p<0.001)。 カテーテル使用期間の中央値は、BSI患者では14日、感染していない患者では9日であった(p<0.001)。 グラム陰性感染の有病率が高かった。 BSIの危険因子は,多管腔カテーテルの利用,カテーテル挿入期間,ICU滞在期間であった。

キーワード:集中治療室;カテーテル関連感染;カテーテル法,BSI.

はじめに

血管内カテーテルは、医療にとって非常に重要なデバイスであり、集中治療室(ICU)に入院した重症患者の適切な管理に不可欠です。1

カテーテルを使用することの利点は、主に血流感染症(BSI)である合併症を上回ることです。 ICUsでは、中央線は、指数関数的に増加するカテーテル操作に二次的な耐性微生物によって患者の植民地化の可能性を増加させる、長期的な使用のものであ このような関連する要因は、Bsiを取得するリスクを高める可能性があります。2

BSIは最も頻繁な院内感染の一つであり、有意な罹患率および死亡率と関連している。 その結果、治療費はBSIを持つ人のためのover6,000からover90,000以上に増加しています。3

BSIの発生率は多くの要因によって大きく異なります。 また、基礎疾患および年齢を含む患者の特性、およびカテーテルが挿入された条件(例えば、緊急対非緊急)、カテーテルのタイプ(トンネル対非トンネル)、および挿入位置(鎖骨下対頸静脈)などのカテーテルに関連するパラメータによって影響される可能性がある。2

この研究の目的は、ブラジルのサンパウロの三つの病院から六つのIcuに入院した中心静脈カテーテルを有する患者におけるBSIの潜在的な危険因子

材料と方法

設定

ブラジル、サンパウロの三つの病院から六つの医療-外科Icuで12ヶ月の期間(2005年から2006年)に多施設研究が行われました。 各病院には、感染症の医師と感染管理看護師で構成される感染管理チームがあり、院内感染サーベイランスを担当していました。

包含基準

非同調中心静脈カテーテル(CVC)が挿入されていた研究期間中にparticpating Icuに入院した18歳以上のすべての患者は、研究の対象となりました。 さらに、これらの患者は、ICUからの退院後48時間、またはicuに残っている場合はカテーテルの離脱後に観察された。 本研究で使用された三重ルーメン中心静脈カテーテルの数は少なかったので,それらを複数ルーメンカテーテルとしてグループ化した。

データ収集

疫学的サーベイランスは、参加機関の感染管理看護師チームによって行われました。 看護師は、本研究で使用される疫学的サーベイランスフォームの完了を標準化することを目的として、45分の理論的かつ実践的な訓練を受けました。 このフォームは、研究IcuにおいてCVCを有する各患者について完成し、危険因子およびCVC特性に関する情報を含んでいた。 BSI発生率は、全国院内感染サーベイランス(NNIS)の定義を使用して評価され、研究の責任者に毎月送られました。

定義

カテーテル関連BSI(CR-BSI)サーベイランスは、疾病管理予防センター(CDC)の定義を使用して、Icuのすべての患者に対して行われました。2

微生物学的手順

血液培養の採取は、各機関の感染管理チームが使用する標準化された方法と一致して行われました。 簡単に言えば、これには、手順の前の手洗い、10%ポビドンまたはクロルヘキシジングルコン酸による穿刺局所の消毒、および手袋の使用が含まれていた。 血液培養物中の微生物の増殖の処理および検出の両方を、BACTEC(登録商標)9 2 4 0システム(Becton Dickson Diagnostic Instrument System、EUA)を用いた自動化技術を用いて行った。

統計分析

一変量分析ではカイ二乗検定またはフィッシャーの正確検定を使用しました。 連続変数は、分布が正常であれば、Mann−Whitney/Wilcoxon検定またはStudentのt検定によって分析された。 すべての試験において、有意水準は5%に固定された。

多変量解析は、有意水準が5%のロジスティック回帰モデルを使用して実行しました。 Windowsバージョン10.0(SPSS)用のプログラム”社会科学のための統計パッケージ”を使用しました。

結果

2005年11月1日から2006年10月31日までの研究期間中に、555人の患者に挿入された928個のCVCsを評価した。

血流感染の唯一の患者関連の危険因子はICU滞在の長さであった。 年齢、性別、基礎となる診断およびAPACHE IIスコアはBSIと有意に関連していなかった。 表1は、一変量解析の結果を示しています。

CVCに関連する変数に関して,単一ルーメンカテーテル間のbsi率の有意な差を複数ルーメンカテーテルと比較して観察した。 単変量解析におけるCVCの使用期間に関しても有意差があった。 表2に、これらの結果を示します。

ディスカッション

我々の研究では、血流感染率(10.2/1,000カテーテル/日)は、以前に米国Icuから報告された平均速度よりも大きかった。2,4

2007年、私たちは病院から国際院内感染制御コンソーシアム(INNIC)に感染率を報告し始めました。 この研究には、開発途上国(ラテンアメリカ、アジア、アフリカ、ヨーロッパ)から98のIcuが含まれていました。 これらの国は、例えば、同様の困難を抱えています: 手の衛生学の承諾は非常に低く、限られた財政か管理上サポートを受け取り、病院の看護婦に忍耐強い人員の比率は低い。 この研究では、我々の研究で見つかった速度と同様の血流感染率(9,2カテーテル/日あたり1,000)を報告しました。5-7

bsiの潜在的な危険因子は、以前の研究、例えば、カテーテルの種類、カテーテル挿入の持続時間、およびカテーテル内腔の数で記載されている。 それにもかかわらず、私たちの国のマルチセンター研究を通じてBSIの潜在的なリスク要因を特定しようとした研究はありません。

私たちの研究では、血流感染症の患者に対する平均7日間の追加入院が観察されました。 入院日数の追加は、BSI率の上昇に関連しています。8,9

多変量解析では、患者が単一ルーメンカテーテルと比較して複数ルーメンCVCを使用した場合、血流感染を獲得する可能性が約二半倍大きいことが観察された。 複数の調査は多数内腔のカテーテルを使用した患者のBSI率の増加を示しました。3,10

挿入の位置がBSIの発症にとって重要な危険因子である可能性があることが実証されています。頸静脈に挿入される11のカテーテルは鎖骨下静脈に挿入されるそれらより植民地化に傾向があります。 これは頸静脈の隣の皮の植民地化を、例えば、口腔咽頭の分泌、高められた温度、カテーテルの固定の難しさおよびドレッシング支持する要因と関連して8我々の研究では、鎖骨下静脈、頸静脈、または大腿静脈における挿入の間にBSI率に有意差はなかった。

また、カテーテルを13日以上使用した患者は、カテーテルを13日未満使用した患者と比較して、約三倍の感染の進行性リスクを示したと結論づけた(p<0.001)。

いくつかの研究によると、cvcの使用期間が血流感染症の発症の主な決定要因です。2,12Kooi et al.、12は、カテーテル法の5-9日と10日以上の間のCVCの使用期間は、それぞれ4倍と8倍によって血流感染を取得する可能性を増加させたことを実証した前向き多施設研究を実施しました。

微生物学的分析に関しては、グラム陰性桿菌の有病率が高いことが観察された。 我々のデータは、グラム陽性球菌の優位性を発見した以前の研究の結果と一致していなかった。9,12グラム陰性桿体の有病率は、医療従事者の手の植民地化または研究期間中の病院における閉鎖注入システムの欠如に関連している可能性があ 私たちの設定で行われた他の以前の研究では、小児ICUでBsiを引き起こすグラム陰性微生物の優位性も示されました。13

私たちの研究にはいくつかの制限があります。 第一に、マルチセンターの研究として、信頼性の高い監視データを実施することは困難である可能性があります。 第二に、挿入後のカテーテル部位ケア(例えば、ドレッシングの変更)を評価しなかった。 第三に、観察研究として、因果関係ではなく可能な関連性を実証することしかできませんでした。 最後に、データは3つの病院にあり、他の設定に一般化できない可能性があります。 しかし、私たちの知る限りでは、これは私たちの国のBSIのリスク要因を特定することを目的とした最初の多施設共同研究です。

結論として、我々の研究は、BSIの危険因子は、複数のルーメンカテーテルの利用とカテーテル挿入の持続時間であることを示した。

謝辞

私は私たちの友人Draに深い感謝の気持ちを表現したいと思います。 Carla Guerra,Infectologyの規律,Universidade Federal de São Pauloと博士.Antonio Eduardo Benedito Silva,胃腸科の規律,Universidade Federal de São Paulo,彼らの有用な指導と提案のために,この作業を完了するのに役立ちました.

1. Warren DK,Zack JE,Mayfield JL et al. 医療ICUにおける中心静脈カテーテル関連血流感染の発生率に対する教育プログラムの効果。 チェスト2004;126:1612-8.

2. O’Grady NP,Alexander M,Dellinger EP et al. 医療感染制御実践諮問委員会。 血管内カテーテル関連感染症の予防のためのガイドライン。 病気の制御と予防のためのセンター。 MMWR Recomm Resp2 0 0 2;5 1:1−2 9.

3. モレッティEW,Ofstead CL,Kristy RM et al. 中心静脈カテーテルの種類と方法がカテーテル関連の植民地化に及ぼす影響菌血症。 2005;61:139-45.

4. Trick WE,Miranda J,Evans AT et al. 内科病棟患者の中心静脈カテーテルのプロスペクティブコホート研究。 A M J感染制御2 0 0 6;3 4(1 0):6 3 6−4 1.

5. ローゼンタールVD,Maki DG,Salomão R et al. 国際院内感染管理コンソーシアム。 開発途上国の55の集中治療室の8つの装置準の院内感染。 アンインターンメッド2006,145:582-91.

6. ローゼンタールVD,Maki DG,Mehta A et al. 国際院内感染制御コンソーシアム(INICC):目標と目的、サーベイランス方法の説明、および運用活動。 A M J Control2 0 0 8;3 6(9):6 2 7−3 7.

7. Tacconelli E,Smith G,Hieke K et al. ヨーロッパ4カ国の集中治療室におけるカテーテル関連血流感染症の疫学、医学的転帰および費用:文献およびレジストリベースの推定値。 2009;72:97-103.

8. Eggimann P、Pittet D.ICUにおける感染制御。 チェスト2001;120:2059-93.

9. Mitt P,Adamson V,Loivukene K et al. エストニアにおける院内血流感染の疫学。 2009;71:365-70.

10. Templeton A,Schlegel M,Fleisch F et al. Multilumenの中心静脈のカテーテルはカテーテル関連の血流の伝染のための危険を高めます: プロスペクティブ-サーベイランス-スタディ 感染2008;36:322-27.

11. Lorente L,Henry C,Martin MM,Jimenez A et al. 2,595カテーテルの前向きおよび観察研究における中心静脈カテーテル関連感染。 Crit Care2005;9(6):R631-5.

12. Van der Kooi TI,Boer AS,Mannien J et al. オランダの監視システムにおける集中治療におけるデバイス関連感染症および関連する死亡率の発生率および危険因子。 集中治療Med2007;33(2):271-8.

13. Abramczyk ML,Carvalho WB,Carvalho ES et al. 発展途上国の小児科の集中治療室のNosocomial伝染。 Braz J Infect Dis2003;7(6):375-80.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。