ゲージクラスター上のコルベットC5DTCコードの読み取りとクリア方法

DICゲージクラスター上のC5DTCコード
DICゲージクラスター上のC5DTCコード

DICゲージクラスター上のコルベットC5dtcコードの読み取りとクリア方法&dicゲージクラスター上のコルベットC5dtcコードを読み取ることができることを知っていましたか? C5は内蔵の診断表示特徴の可能な表示DTCsが装備されている。 ドライバインフォメーションセンター(DIC)の特定のボタンを選択することにより、Dic20文字表示部にDtcが表示されます。 この特徴はDTCsがスキャン用具の使用なしで読まれるか、または取り除かれるようにする!

最初に診断モードに入ると、DICは自動表示シーケンスに入り、シリアル-データ-ラインで通信するすべてのシステムが表示されます。 各システムが表示されると、DICにはそのシステムのDtcの数(現在または履歴)が表示されます。 手動診断モードは、自動DTC表示シーケンス中に、E/Mボタンを除くDIC上の任意のボタンを押すことにより、いつでも選択することができます。

手動診断モードでは、表示するモジュールを手動で選択できます。 このモードでは、Dtcは特定のモジュールに対してのみ表示され、要求されるまで次のモジュールには進みません。 診断モード表示は両方ともまたDtcがCかHと現在のDTC(現在の機能不全)または歴史DTC(機能不全は起こったが、今ありません)、それぞれであるかどうか示 DICボタンが60秒間押されていない場合、診断は自動的に終了します。

診断を送信する12のコンピュータモジュールがあります: (9ベース車両と3RPO依存)

•PCM(パワートレインコントロールモジュール)

•TCS(トラクションコントロールシステム)

•RTD(リアルタイム減衰)(F45RPOを装備した場合のみ)

•BCM(ボディコントロールモジュール)

•SDM(センシングと診断モジュール)

•8736>

•ipc(インストルメントパネルクラスター)

•ラジオ(ラジオ)

•Hvac(ヒーター、換気、空調)(自動温度制御–Cj2Rpoを装備している場合のみ)

•LDCM(左ドア制御モジュール)

*rdcm(右ドア制御モジュール)

*rdcm(右ドア制御モジュール)

•SCM(シートコントロールモジュール)(メモリパッケージ–AAB RPOを装備している場合のみ)

•RFA(リモート機能作動)(リモートコントロールドアロックレシーバー(RCDLR)として知られています)

オンボード診断の入力

診断表示機能を入力するには、以下の手順を実行します:

  1. エンジンをオフにしてイグニッションスイッチをオンにします。
  2. リセットボタンを押して、警告メッセージが表示されたことを確認します。
  3. ドライバインフォメーションセンター(DIC)のオプションボタンを押したままにします。
  4. OPTIONSボタンを押したまま5秒以内にFUELボタンを4回押します。 5. システムは最初に自動表示モードに入り、続いて手動表示モードに入ります。

自動表示Dtcモード

自動表示機能を使用すると、各モジュールDTC表示機能を自動表示シーケンスで読み取ることができます。 各システムモジュールDTCは3秒間表示され、その後1秒間の一時停止が行われてから、次のDTCが自動で表示されます。 DICに現在表示されているシステムからDTC情報が利用できない場合、DICにはそのシステムのコードが表示されません。

いずれかのシステム間で通信に問題がある場合、DICがそのシステムと通信しようとしているときにIPCはCOMMを表示しません。 すべてのシステムですべてのDtcが表示されている場合、IDICは手動モードに入る前に2秒間コードを表示しません。 自動表示機能は、E/Mボタン以外のDICの任意のボタンを押すことで、いつでも手動表示機能を有効にすることができます。 E/Mボタンは、いつでも診断モードを完全に終了するために使用されます。

手動表示Dtcモード

手動表示機能により、各モジュールDTC表示機能を手動で選択することができます。 手動モードは、自動DTC表示シーケンスが完了した後に自動的に入力されるか、または自動モード中にE/M以外のDICの任意のボタンを押すことによっていつでも入力することができます(E/Mボタンはいつでも診断モードを終了するために使用されます)。 手動モードを選択すると、IPCは手動診断モードメッセージを2秒間、またはE/M以外のDIC上のボタンが押されるまで表示します。 MANUAL DIAGNOSTICS modeメッセージが表示された後、IPCは最初のシステム略語とそのシステム用に保存されたコードの数を表示し、その後、IPCはそれ以上の指示を待ちます。 Dicのボタンは、マニュアルモードでオンボード診断機能を操作するときに次の機能を提供します。

マニュアルモード時のDICボタン機能

  1. FUEL Previous DTC3。 トリップ前のシステム5. E/M出口診断2. 次の4つのDTCを測定する。 オプション次のシステム6. リセットクリアDTCs

クリアDTCs

バッテリーまたはIPCコネクタを取り外すと、DTCはクリアされません。 DTCは、

•DICオンボード診断機能を使用する方法のいずれかでのみクリアできます。

•スキャンツールを使用します。

•50点火サイクル以内に誤動作が発生していない場合、IPCは自動的にDTCをクリアします。

DTCsをクリアするにはRESETボタンを押したままにして、表示されているシステムのDTCsをクリアします。

注意!! あなたがしたい場合にのみ、コードをリセットする–これを行う必要はありません。 コードをクリアしても問題は修復されません。 あなたは単にモジュールのメモリ内の証拠を消去しています。

コードを入手したら、次の質問は情報をどうするかです。 最初に、あなたの工場サービスマニュアルに相談して下さい。

一部の診断コードの診断にはスキャンテスターが必要です。 別名スキャン用具か走査器これらの単位は実際に手持ち型の診断コンピュータである。 カー-バッテリーによって動力を与えられ、診断リンクコネクター(DLC)に接続される; 彼らは、コンピュータのモジュールデータを収集し、小さな画面に表示します。 スキャンテスターは小さいキーパッドによって作動する。

..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。