明暗法照明とは何ですか、この照明技術はいつ使用されますか?

イタリア語で”光”を意味するChiaroと”暗い”を意味するScuroに由来するChiaroscuro照明技術は、光と影のコントラストを表現して立体的な外観にすることができます。 明暗法照明は、それ以外の場合は二次元画像で三次元の品質を生成するために、さまざまな異なる状況に使用することができます。 しかし、とにかく明暗法の照明とは何ですか?

Chiaroscuro Lighting

Chiaroscuro lightingはLeonardo Davinciによって定義され、FermeerとRembrandtによってさらに洗練されました。 このプロセスでは、画像全体の光と影のコントラストを使用して、二次元平面上に配置された画像に三次元品質を生成します。 明暗法は、映画に向かって非常に強く、劇的な気分を作成することができ、光と闇の強烈なコントラストを使用しています。

明暗法効果は主に肖像画に長く使用されていましたが、風景や静物に深みを加えるのにも価値があります。 対照的なライトおよび影の使用は三次元場面の錯覚を作り出す。

明暗照明技術が使用されている場合

明暗照明技術は、映画の中で使用され、深みをもたらすために文字を包含する洗練された闇を作成します。 基本的に映画撮影は、光で絵を描くことと呼ぶことができます。 明暗法照明技術は、観客が孤独、謎と文字に関連付けられている深いドラマの感覚を感じさせる劇的な外観を生成するために使用されます。

明暗法照明技術は、被写体の特徴を強調するために映画で使用されています。 私達が今日の映画制作で使用されるこの技術を見るがカラーフィルムが作り出された前に40s-50sで使用されたときより顕著、はるかに劇的な効果 明暗法の照明技術を使用して照らされる場面の生産から来る思いがけない次元についてのちょうど何かがある。 映画制作の標準となると、明暗法の照明は映画から映画へ、または監督の間で変わるかもしれませんが、最終的な結果、光と影の厳しいコントラストによ

映画の明暗照明の設定

明暗法のための設定は、劇的な効果を生み出すために照明へのミニマリストのアプローチが必要です。 典型的には、照明は、残りの部分が暗闇の中に落ちることができるように顔を照らすために一方の側から光を照らすことによって全く対照を生成す これにより、2次元空間に3Dの深さと次元が生成されます。

明暗法照明の設定を作成するには、以下の手順に従います:

  • あなたの主題を選びなさい。 この照明技術は、人体または3次元の表面を照らすために最もよく使用され、平らな表面を照明すると劇的な影響は最小限に抑えられます。
  • シーンのムードを選択します。 この効果は、一般的に謎、深刻さ、またはドラマの追加要素を作成するために使用されます。
  • すべての外部照明を排除します。 あなたの主題のchiaroscuroの照明技術のあなたの使用を中断する照明がほしいと思わない。 暗いキャンバスで作業していることを確認してください。
  • 第一次光源はあなたが明暗法の照明技術を使用するように意図する主題からの45度で斜めになります。
  • 最高の、最も次元の外観を得るために照明を試してみてください。 あなたの主題に対する異なった効果を作り出すためにいろいろな角度および高さにあなたの照明を置きなさい。 あなたは、照明の変化によって描かれている感情は、神秘的なものから孤独や制限されたものまで、さまざまなものがあることに気付くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。