犬における尾大静脈重複のMULTIDETECTOR ROWコンピュータ断層撮影と超音波特性

尾大静脈重複は小動物ではめったに報告されていない。 このレトロスペクティブ研究の目的は、犬の大規模なグループにおける重複尾大静脈の特性を記述することでした。 二つの病院からのコンピュータ断層撮影(C t)と超音波データベースを検索し,”二重尾大静脈”と診断されたイヌの報告を検索した。”一人の観察者は71匹の犬のためのCT画像を検討し、二人の観察者は21匹の犬のための超音波画像を検討しました。 すべてのCT症例において、複製は左右対称でほぼ同じ口径の2つの血管から構成されていました(ヒトでのタイプI完全複製に似ています)。 すべての超音波症例において,重複した尾大静脈は下行大動脈の腹部セグメントの左側を走り,左総腸骨静脈から左腎静脈に延びる別個の血管として出現した。 尾部大静脈重複の有病率は、これらの病院で行われた犬の超音波研究では0.46%、犬のCT研究では2.08%であった。 影響を受けた犬の体重中央値は、影響を受けていない犬の体重よりも有意に低かった(P<0.0001)。 尾部大静脈の重複リスクが高い品種はヨークシャー-テリア(オッズ比=6。41)、プードル(または=7.46)、ウェストハイランドホワイトテリア(または=6.33)、マルタ(または=3.87)。 重複尾大静脈の存在が大幅に肝外portosystemicシャント(s)の存在と関連していた(P<0.004)。 犬ではまれですが、手術を計画し、誤診を避けるために、尾部大静脈の重複は他の血管異常と区別する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。