“私は胸の外科医になるために後輩の医師をお勧めすることはありません’ < Hospital < 기사본문 - KBR

韓国の心臓胸腔外科医は、平均して1日13時間、週6日働いています。 胸の外科は後輩の医者が選びたいと思う最後の区域である。 研修医だけではなく、専門家のための長時間の作業が必要です。

これらは、11月から385人の心臓胸郭外科医を調査した後、韓国胸部&心臓血管外科(KSTCVS)によって月曜日に発表された報告書の事実の一部です。 18日に発売された。 昨年の1 社会は、327心臓胸郭外科医の仕事のパターン、または回答者の84.9パーセントを第三および一般病院で分析しました。

この分析により、第三病院および総合病院の胸部外科医は、平均して1日12.7時間、週63.5時間働いていたことが示されました。 そのうちの約7割が毎日16時間以上働いていました。 彼らにとっては、労働基準法で定められた一日8時間の労働制限は無意味でした。

回答者は月平均5.1日の通話を行っていた。 これは、彼らが病院で少なくとも一日の週末を過ごしたことを意味します。 彼らはまた、月に10.8日間、病院の外でオンコールの準備ができていなければなりませんでした。

約49%が心胸手術部門に応募する後輩医師がいないと回答し、12.2%が研修生医師がいたと回答し、18.3%が二から四を持っていたと回答しました。 別の10.4パーセントは、彼らが心胸腔手術で働くだろう10以上の研修生の医師を持っていたと述べました。

地方病院でのオンコールが増加したが、首都圏での労働強度が増加した

ソウル、京畿道などの地方では、心胸外科医のオンコール日が異なっていた。 ソウルで働いている人は、3.5日、京畿道では5.5日、その他の地域では6.1日でした。

心胸部外科医の数によってオンコール日数は異なっていた。 二つから四つの胸部外科医を持つ病院は、外科医ごとに毎月6.5オンコール日を持っていたが、10以上の胸部外科医を持つものは、平均して毎月3.5オンコール日を持っていました。

“回答者の半数以上が、オンコールや緊急事態の頻度が低い肺や食道を手術する一般的な胸部外科医でした。 したがって、成人心臓、小児心臓、および血管外傷における心臓胸郭外科医の実際の勤務時間は、これよりも長くなると予想される」とKSTCVSは述べた。

胸部外科医の仕事の強度も高かった。 回答者の約80パーセントは、自分の仕事の強度が高いと述べ、60.6パーセントは、彼らがもはやより多くの仕事を扱うことができないと述べました。

胸部外科医の約17%が仕事の強度が高いためにストレスのために入院していると回答し、9.2%が精神科のカウンセリングを受けていると回答した。

ソウルで働いている心臓胸郭外科医は、仕事の強度が過剰であると述べた回答の割合が高かった(87.9%)。 これは、ソウル首都圏の患者の集中に起因している、と協会は述べています。

要求の厳しい仕事と比較して、財政的補償は不十分であった、と67.9%が述べた。 彼らの給料に不満を持っている外科医は、心臓胸腔手術補助金が他の部門や病院に費やされた医療システムを批判しました。 彼らはまた、心臓胸腔手術の払い戻し率が低く、病院にとってより多くの損失をもたらしたと指摘した。

心臓外科医の52%が焼損した

心臓胸部外科医の52%が焼損状態にあり、93.9%が焼損が患者の安全に害を及ぼす可能性があることを心配していると 彼らは、36時間の連続作業後の緊急手術と一晩手術後の外来ケアに燃え尽き症候群を引き起こしたと考えています。

以下は、外科医の主観的な彼らの現実の記述です。

「私にはサポートする研修生の医師がいないので、給料、治療、昇進には不利です。 私も研修生の医師の仕事をしていますが、私たちの部門には研修生の医師がいないので差別されます。”

“胸部外科医として、困難な患者を見ることは価値があります。 しかし、仕事が肉体的にも精神的にも厳しくなると、私は疲れてしまいます。 私は研究や他の仕事をすることができないので、私は昇進することはできません。 私は遅く家に帰って、私はいつも忙しいお父さんと夫です。 しかし、私は他の人に比べて、はるかに少ない支払いを受けます。”

“私はそんなに仕事を持っている、と私は古い取得します。 夜間に電話を受けたり、緊急の患者を見たりするのは非常に難しいです。”

74%が後輩の医師に胸部手術を勧めたくない、子供

このような現実のために、心胸外科医は仕事の満足度が低く、分野を選んだことを後悔していました。<428><1183>全体の満足度は10点満点中4.9点、心臓外科医としての生活満足度は4.6点、医療行為の達成または満足度は5.5点、5点であった。社会的尊敬からの満足度で4。

彼らは個人の生活からではなく、社会的尊敬からより高い満足度を持っていました。

「彼らは心胸手術を実践するという誇りと名誉を持って困難を克服している」と協会は述べた。

しかし、回答者の66%が職業の選択を後悔していると答えた。 七十から四パーセントは、彼らがジュニア医師や子供たちに自分の仕事をお勧めしたくないと述べました。

この調査は、医学部の学生が心胸手術部門に応募することに消極的である理由を明確に示していると述べた。 これは、政府が直接心臓外科医をサポートするために短期的な措置を使用する必要があることを提案しました。

KSTCVSは、医学部の入学を増やすことは、医学部の学生が心胸手術部門に行きたくないことを強調しました。 心臓胸腔手術を申請するのは1,000人の医学部卒業生のうち5人から10人だけであると協会は指摘している。

政府が医学部の入学を年間400人拡大したとしても、心臓外科医になりたい学生は約一人か二人しかいないと付け加えた。

KSTCVSは、政府が大規模な国家投資を与え、償還率を上げ、分野での研究を促進し、セクターを支援するための特別な法律を提供するために、心胸手術を国

“これらの手段を用いて心胸外科医を拡大できれば、心臓手術は不可欠な医療として安定するだろう”と協会は述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。