“表現力で取る”とは?””表現力で取る””表現力で取る”とは?””

“表現によって取る”とは何ですか?

“表現によるもの”とは、被相続人に一度の親族の人が被相続人をpredeceasesしたとき、被相続人に次の親族のpredeceased相続人の子孫が、predeceased相続人に与えられたであろう贈り物を平等に共有することを意味する。 それは一口だった。 被相続人の財産から財産を受け取るこのパターンは、「枝を通して」(先祖の血統の枝を意味する)のためのラテン語である「per stirpes」とも呼ばれます。 RCW11.12.110. それは遺言者をpredeceasing受益者のために失敗するから贈り物を防ぐため、撮影のこの法定パターンはまた、”反経過”法令と呼ばれています。

「表現によって取る」ことは、一例で最もよく説明されています:未亡人には3人の子供がいますが、そのうちの1人は未亡人の孫である2人の子供と 未亡人自身が死ぬと、配偶者がいなければ、未亡人の子供たちはそれぞれ彼女の財産の三分の一を取るでしょう。 死亡した子供の二人の子供、未亡人の孫は、それぞれが未亡人の財産の六分の一を受け取って、死亡した子供の三分の一のシェアを分割します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。