Achalasia:Chicago Classification

Achalasiaは、嚥下障害の症状を有する患者の鑑別診断の一つです。 高分解能(HR)マノメトリーは、現在、食道運動障害の診断ゴールドスタンダードとみなされています。 マノメトリーは診断を確立するだけでなく、その状態をその後の治療にとって重要なサブタイプに分類することも可能にする。 アカラシアの三つのサブタイプは、シカゴ分類として知られているもので区別されます。 アカラシアは、嚥下中の下部食道括約筋の弛緩が制限されているか、または存在せず、管状食道における推進性蠕動が存在しないか、または早期痙攣に したがって、高分解能マノメトリーでは、標準化された手順(10ウェットツバメ)に従い、最初に食道胃接合部(EGJ)で統合緩和圧力(IRP;正常値<15mmHg)を測定するだけでなく、蠕動パターンを評価する必要がある。

:

IRP? 15mmHg、正常血圧、推進蠕動

I型アカラシア:

IRP>15mmHg、蠕動不在(汎食道圧発生< 20%)

第二種アカラシア:

IRP>15mmHg、蠕動不在(汎食道圧発生? 20%)

III型アカラシア:

Achalasie Typ III
IRP>15mmHg、蠕動がない(早期収縮/痙攣? 20%)

この分類は、以前の治療を受けていない患者で理想的に実施される。 特に臨床的文脈において、そして経験の増加に伴い、非定型形態のアカラシア、および悪性疾患における偽アカラシアを表すすべての形態のような変

疑似アカラシアの例:

Fallbeispiel Pseudoachalasie

これはpseudo-achalasiaのケースです–この患者では、嚥下障害の症状は粘膜下成長を伴う遠位食道癌によるものでした。 新規発症,急速に進行するえん下障害および実質的な体重減少,ならびに明らかなえん下誘発弛緩を示すマノメトリック所見は,診断の組織学的確認を伴う第二の内視鏡検査につながった。

  1. Roman S,Huot L,Zerbib F et al. 高分解能マノメトリーは、嚥下障害患者における食道運動障害の診断を改善する:無作為化多施設研究。 アム-ジョイ-ジョイ-ジョイ 2016;111:372-80.
  2. Kahrilas PJ,Bredenoord AJ,Fox M et al. 食道運動障害のシカゴ分類、v3.0。ニューロガストロエンテロールモチル 2015;27:160-74.
  3. Pandolfino JE,Kwiatek MA,Nealis T et al. Achalasia:高解像のmanometryによる新しい臨床的に関連した分類。 消化器科. 2008;135:1526-33.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。